d8d7d1db3875f473ad203d5533426bbf_s

雑誌やパンフレットに記載されているURLのサイトを見たい時、URLを手入力するのは少し面倒ですよね。
本やチラシなど印刷物に書かれているアドレスを簡単に表示することができると、大変便利です。

本日はURLやメールアドレスなど簡単にアクセスできるアプリ【iPhone】をご紹介いたします。

PicLink Camera

■特徴
・URLを撮ると簡単にアクセス可能
アプリのカメラでURLを撮影することで、ブラウザアプリからそのURLのページにアクセスできます。

・電子メールのアドレスにも対応
メールアドレスも撮影するだけで、メールアプリから新規作成画面が開き、メールアドレスが宛名として入力されています。

・TwitterやInstagramのアカウントも
TwitterやInstagramのアカウントも撮影するだけで、開くことができます。

■操作方法
1.PicLink Cameraを起動します。
2.画面の中央の枠(ピンクとグレー以外の部分)に読みとりたいURLなどをおさめて、ピントを合わせて撮影します。
3.写真が撮れたら「Use Photo」をタップして選択します。※撮り直す場合は「Retake」をタップ。
4.読みとれた場合は、Safariが起動してページが開きます。

 
 

短いアドレスであれば、それほど面倒ではないかもしれませんが、やはり手入力せずに済むのであればその方が楽ですよね。

ポスターやチラシなど印刷物にQRコードが記載されている場合もありますが、iPhoneにはQRコードを読み取る機能はありません。
QRコードのアプリをダウンロードしていない人は、URLを手入力するか、キーワードで検索して探すかなど少し手間がかかります。

ただ、読み取りは、100%完ぺきとはいきません。
読み取りに失敗したり、手書きや綺麗に表示されていない印刷物など撮影した文字が読み取れない場合や、0(ゼロ)とO(オー)や、c(シー)とo(オー)など間違って判別することもあります。
少しの間違いならば修正するだけなので、初めから手入力するよりも楽です。

パソコンで開いているページスマホで見たい時も、パソコン画面に表示されているURLを撮影するだけで、同じページに簡単にアクセスすることができます。

紙の資料やパンフレットなどのURLに簡単にアクセスできると仕事の中でも、取引先のパンフレットなどに記載されているのアドレスや、サイト上にアップされている資料なども簡単に見ることができ仕事の効率も上がります。

URLやメールアドレスなどの手入力が苦手な方は、一度このアプリを試してみてはいかがでしょう。

App sotreのiPhone用アプリ




メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60