fbc7c8b110f8f8c621cc103c1d3bdd07_s
iPhoneには便利な裏技がいくつもありますが、当たり前の話ですが覚えておかないと使えません。
頻繁に使うようなワザであれば、覚えられるかもしれませんが、たまにしか使わないものはなかなか身につきにくいものです。
ですが、簡単なジェスチャーであれば、覚えなくても活用することができます。

本日は、Safariで長押しすると出来るワザをご紹介いたします。

『タブ』アイコンを長押し
・Safariを起動して、WEBページを開いた状態にします。
・画面右下にある『タブ』のアイコンを長押しします。
・「新規タブ」「○○個のタブを閉じる」「キャンセル」の選択項目が表示されます。

新しくタブを開きたい時には、ページ閲覧中でも『タブ』アイコンを長押しすると、新規タブを簡単に表示することができます。
また、たくさん開いてしまったタブを一気に全部閉じたい時も、この『タブ』アイコンを長押しの操作で行うことができます。
 

『<』『>』戻る/進むアイコンを長押し
・Safariを起動して、WEBページを開いた状態にします。
・画面左下にある『<(戻る)』『>(進む)』のアイコンを長押しします。
・「履歴」履歴が一覧表示されます。

何ページか前に見たページをもう一度見たい場合など、1ページずつ戻っていくのは、少し手間がかかってしまいますが、この操作で履歴一覧を表示させることで、閲覧したいページまで簡単に戻ることができます。

 

『+』マークアイコンを長押し
・Safariを起動します。
・画面右下にある『タブ』のアイコンをタップします。
・現在開いているWEBページをスワイプで確認することができ、他のページを選択し開くことができます。
・その状態で画面下部、真ん中にある『+』マークのアイコンを長押しします。
・「最近閉じたタブ」が表示され、履歴の中から閉じてしまったページを再度開くことができます。

スマホではスワイプなど簡単な操作でインターネットを楽しむことができますが、閲覧中のページや後で見ようと思っていたページを誤って削除してしまった場合など、「最近閉じたタブ」を確認すると便利です。特にたくさんページを閲覧していた時など、通常の履歴で探すのは面倒な作業になります。

 

『更新』マークアイコンを長押し
・Safariを起動して、WEBページを開いた状態にします。
・画面右上部にある『更新』のアイコンを長押します。
・「デスクトップ用サイトを表示」「キャンセル」と表示されます。

スマホ用サイトではなく、デスクトップ用サイトを表示したい時など、表示の切り替えをするときにとても便利です。

 
 
アイコンを長押しすることによって、様々な操作が行えます。
普段から使わなければ忘れてしまいがちですが、Safariには「長押し」でショートカットができることを覚えておくと、これらの操作も活用でき便利になるのではないでしょうか。
 
 
 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60