iphone-1b

昨日の投稿でタブレットに関してはiPadのお客様が多いという事にふれさせて頂きましたが、市場的にはスマホもタブレットもどちらもiOSのシェアが凄く高いです。

弊社はMVNOのSIMサービスを取り扱っている関係上、お客様にAndroidユーザーが多い(SIMフリースマホが必要な為)ですが一般的にはそうではないです。

本日はiOSのシェアがなぜ高いのか?といった点についてご紹介させて頂きます。

世界的にはAndroidのシェアが上回っています。

実は、iPhoneのシェアがAndroidのシェアを上回っている国は日本だけなんです。

理由は色々ありますが、一番は携帯電話キャリアの販売方法にあるかと考えています。

世界の携帯市場では端末を一括で購入する事が多く、価格及び機能性がハイエンド・ミドルレンジ・ローエンドと3つのカテゴリーに分かれており、ミドルレンジとローエンドのカテゴリーが大半を占めています。

iPhoneは、皆様もご存知の通り廉価版の商品が存在しない為、上記のカテゴリーでいうとハイエンド機種のみとなります。
iPhone6が発売された時に色々な方法で購入しようとお金を貯める人のニュースが出ていたのをご存知の方もおられるかと思いますが、それくらい海外ではiPhoneは高級品です。

日本の携帯電話の販売方法

しかし、皆様もご存知の通り日本で携帯電話を購入する際に端末代金を何万円も払うケースはほとんどありません。

キャリアが補助金を投入し、『実質0円』等の販売手法をとっている為、世界的には高級品であるハイエンド商品を簡単に購入する事ができます。その分通信費は海外と比べるとすごく高いです。

他にも諸説ありますが、このような事情でiPhoneのシェアが高いというような現象がおこっているようです。

日本だと電車なんかに乗ると、それこそ学生から年配の方まで同車両に乗っている人のほとんどがiPhoneを触ってるなんて事がありますがこれは特殊な状況だったんですね。

 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60