tablet_seashell

本日の2014年の国内タブレットの出荷台数に関してのニュースがありました。IDC Japan 株式会社の調査によりますと、昨年で前年比8%の出荷増。法人市場では教育市場向けを中心とした需要が拡大し、前年比56.7%増になったとの事です。IDC Japan 株式会社 プレスリリースより引用)実際に体感的にも、最近は法人ではタブレットは増えてきたとは思います。

ただ、導入したはいいけど、「重たいし持って行かない」、「荷物になるし持って行かない」というケースもあり、それが原因で使わなくなってしまうという事もあったりします。ちゃんとプレゼンで使うには10インチくらい合った方が見やすいんですが、簡単な作業報告や、簡単にお客さんに見せると言うレベルであれば、8インチ、7インチの方が便利に使える事もあります。そこで、持ち運び優先で、8インチ、7インチクラスで重量の軽いタブレットをまとめました。

■ 7インチ、8インチのSIMフリータブレット、重量ランキング
※LTE対応の機種のみです。

メーカー 機種名 OS ディスプレイ 重量 実売価格
Huawei MediaPad X1 7.0 Android 4.2 7インチ 約249g ¥39,800
ASUS MeMO Pad 7 Android 4.4 7インチ 約279g ¥29,242
NEC LaVie Tab S TS708 Android 4.4 8インチ 約310g ¥33,596
ASUS Fonepad 7 ME372CL Android 4.3 7インチ 約333g ¥21,799
DELL Venue 8 Android 4.4 8インチ 約338g ¥27,980
Huawei Media Pad M1 8.0 Android 4.2 8インチ 約339g ¥28,060
Apple iPad mini3 iOS 7.9インチ 約341g ¥56,800
Lenovo YOGA Tablet 2 830L Android 4.4 8インチ 約429g ¥32,115
HTC Nexus 9 LTEモデル Android 5 8.9インチ 約436g ¥58,500

Hawei MediaPad X1 7.0が最も軽く、値段を考えると、ASUS MeMO Pad 7あたりが、軽くてお手ごろかもしれません。
8インチタブレットの中では、NEC LaVie Tab Sが最も軽いですね。

唯一iOSでリストに入っているiPad mini3ですが、は重さは他の8インチタブレットと比べるとそんなに変わりませんが、値段が倍ほどになっちゃうのがネックですね。
因みに最も軽いHawei MediaPad X1 7.0は細長の缶コーヒーより1g軽いです。

このくらいの軽さなら持ち運びにストレスが無いかもしれませんね。
頻繁に持ち運ぶものであれば、ちょっとでも「重いな」と思ってしまうと、持って行かなくなってしまいまし、タブレットの重量は大事な事です。
継続的に使う為にも、タブレットを選ぶ参考にして頂ければと思います。

以上タブレットの重量のお話でした。

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60