6bac08fa789714b72d45463a42ef68b0_s

ICT活用在宅介護システムモデル

少子高齢化や介護を必要とする高齢者(要介護者・要支援者)の増加が社会問題となっている中、本事業では、介護者及びその家族の「安心」を増大させ、また、介護従事者の「負担軽減」を実現すべく、「共通利用プラット フォームシステム」「在宅介護見守りシステム」の2つのシステムを構築し、高齢者(要介護者・要支援者)及び介 護者の双方向けにサービスを提供している。 「共通利用プラットフォームシステム」では、主に介護施設の「空き状況照会」と「利用予約」をシステム上で実現することで、ケアマネージャーや介護施設職員等の介護従事者の業務負荷軽減を実現している。一方、 「在宅介護見守りシステム」では、画像連続解析機能を搭載した見守り環境を構築することで、介護者及びその家族の「安心」 の増大を実現している。遠隔地にいる高齢者家族は、単純な動画確認だけでなく異常時にはアラームを受けることが可能である。

「地域の課題」

・少子高齢化が進んでおり、人口全体が減少傾向であるにもかかわらず、65歳以上の人口(高齢者人口)は増加傾向にある。

・また、介護を必要とする高齢者(要介護者・要支援者)の数も増加傾向にある。

「目的と目標」

・在宅系サービスの付加価値を増大させ、在宅介護を推進する。

・高齢者(要介護者・要支援者)及びその家族が安心して暮ら せる環境を構築する。

・高齢者(要介護者・要支援者)の家族、ケアマネージャー、 介護施設等の介護者側の精神的・身体的負担を軽減させる。

「被介護者側の安心感増大」と「介護者側の負担軽減」を実現しているようですね。

 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら

gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60