20150824

スマホの機内モードのオン/オフ切り替えは、普段ご利用されますか?
本日は、機内モードの便利な使い方についてご紹介いたします。

 

設定方法
・iPhoneの場合、「設定」→「機内モード」→「オン」
・Androidの場合、「設定」→「その他」→「機内モード」→「オン 」

 

機内モードを「オン」にすると

■充電が早い
スマートフォンを機内モードに設定すると、通常より早く充電することが出来ます。
充電する時間があまりない時など、スマホを機内モードにして、充電すると効率よく充電出来るので便利です。

 

■バッテリーの節約
外出先でバッテリーの残量が少ない時や、電波が圏外の時など、スマートフォンの機内モードをオンに設定しておくと、バッテリーの節約になります。
通常、スマホは圏外の時でも、電波を探してバッテリーを消耗し続けてしまうので、機内モードにすることで、スマートフォンのバッテリーの消費を防ぐことが出来ます。

 

■機内モードをオンの状態でWi-Fi利用
機内モードをオンに設定していてもWi-Fiは利用できるので、電話は利用できませんが、メールやLINEなどは利用することが出来ます。また、海外などで有料のLTE接続ししたくない時などに、便利です。

 

■映画館などの静かな場所で
着信などの通知音が鳴らないよう設定したい時に、機内モードをオンするだけで、通信しないので着信音は鳴らなくなります。(※Wi-Fiはオフに設定)電源をOFFにすると、起動するのに時間が掛かってしまいますが、機内モードをオンにしておけば、オン/オフ切り替えるだけですぐにまた利用することが出来るのでとても便利です。

 

機内モードに設定中に、着信があった場合、圏外や電源をOFFにしている時と同じように、相手には自動のアナウンスが流れます。そして機内モード解除後は、圏外や電源をOFFにしている状態と同じように、着信履歴も表示されます。

普段あまり使われていない方も、状況に合わせて機内モードをオンにすることで、意外と便利に活用できるかもしれませんね。

 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60