b8481580c7cad2a6b5984ed23f599e18_s

ICT事業の一例をご紹介させていただきます。

ICT活用在宅介護システムモデル事業

少子高齢化や介護を必要とする高齢者(要介護者・要支援者)の増加が社会問題となっている中、本事業では、介 護者及びその家族の「安心」を増大させ、また、介護従事者の「負担軽減」を実現すべく、「共通利用プラット フォームシステム」「在宅介護見守りシステム」の2つのシステムを構築し、高齢者(要介護者・要支援者)及び介 護者の双方向けにサービスを提供している。 「共通利用プラットフォームシステム」では、主に介護施設の「空き状況照会」と「利用予約」をシステム上で実 現することで、ケアマネージャーや介護施設職員等の介護従事者の業務負荷軽減を実現している。一方、 「在宅介護見守りシステム」では、画像連続解析機能を搭載した見守り環境を構築することで、介護者及びその家族の「安心」 の増大を実現している。遠隔地にいる高齢者家族は、単純な動画確認だけでなく異常時にはアラームを受けることが可能である。

■地域の課題

・少子高齢化が進んでおり、人口全体が減少傾向 であるにもかかわらず、65歳以上の人口(高齢者人口)は増 加傾向にある。

・また、介護を必要とする高齢者(要介護者・要支援者)の数 も増加傾向にある。

■目的と目標

・在宅系サービスの付加価値を増大させ、在宅介護を推進する。

・高齢者(要介護者・要支援者)及びその家族が安心して暮ら せる環境を構築する。

・高齢者(要介護者・要支援者)の家族、ケアマネージャー、 介護施設等の介護者側の精神的・身体的負担を軽減させる。

 

”介護情報ネット”で複数の在宅介護型施設の空き状況が瞬時に把握することが可能なようですね。

 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60