fbc7c8b110f8f8c621cc103c1d3bdd07_s

iOS11には、非常時、簡単に緊急連絡できるような機能があります。
iOS10では、、ロック画面のまま緊急連絡先に電話を借ることができましたが、iOS11では、警察や海上保安庁や消防に連絡することができ、同時に位置情報も伝えることができます。

この機能の使い方を知っておくと、自分がiPhoneユーザーでなくても、友人や家族がiPhoneを使用しているのであれば活用することもできます。

本日は、非常時にすばやく緊急連絡先に連絡することができる機能のご紹介です。

緊急SOS
■操作方法
◇iPhone 8/iPhone Xの場合
・本体の側面にあるサイドボタンと音量ボタン(+/-)のどちらかを同時に長押しします。
・「電源オフ」や「緊急 SOS」スライダが表示されます。
・「緊急SOS」のスライダを右にドラッグします。※ドラッグせずに、サイドボタンと音量ボタンを押し続けた場合には、通知音が鳴り、カウントダウンが終わるまでボタンを押し続けると、自動的に緊急通報用電話番号にかかります。
・画面に警察や海上保安庁や消防(火事、救急車、救助)の選択肢が表示されます。
・連絡したいものをタップして選択します。

◇iPhone 7以前の機種の場合
・本体の側面にあるサイドボタンをすばやく5回押します。
・「電源オフ」や「緊急 SOS」スライダが表示されます。
・「緊急SOS」のスライダを右にドラッグします。
・画面に警察や海上保安庁や消防(火事、救急車、救助)の選択肢が表示されます。
・連絡したいものをタップして選択します。

この機能を使うと、位置情報サービスがオフの設定になっている場合でも、一時的にオンになり位置情報を発信することができます。

通話後に、キャンセルを選択しない限り、指定の緊急連絡先に現在地を知らせるテキストメッセージが送信され、所在地が変わると、緊急連絡先にそのつど最新の位置情報が送信されます。
配信を止めるには、ステータスバーをタップして、「緊急時の位置情報の共有を停止」をタップして選択します。
共有を続けている場合、その後24時間、4時間ごとに停止するかどうかを確認する通知が表示されます。

また、緊急連絡先は「ヘルスケア」アプリや緊急SOS機能の設定から追加登録ができ、家族などの指定した連絡先に、緊急電話後にテキストメッセージで現在地情報を送信するすることができます。
もちろん、キャンセルも可能です。

とても簡単に緊急連絡先に位置情報を送信し連絡することができますが、安易に試してみようとタップすると、緊急電話を発信してします。
操作方法を頭の中で覚えておくか、試すのであれば電話をかけてしまわないよう、発信の手前でやめておきましょう。

iPhoneには、様々な便利な設定がありますが、知らないと活用することができません。
ご家族にiPhoneユーザーがいるのであれば、緊急連絡先を設定しておくと安心ですね。

普段は使うことがないけれど、万が一の時のために知っておくと、とても便利です。

 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60