15f1c5568124d5951be45611eb09f879_s

iPhoneSEの予約も始まり、各社の端末代金も発表されました。
スマホのディスプレイサイズが大きくなっていく傾向の中、新しいiPhoneはサイズダウンしたことが話題となっていますね。
本日は、小さくなってバッテリーの持続時間も長くなったiPhoneSEの特徴をご紹介いたします。

デザインやサイズについて
iPhoneSEの大きな特徴のひとつとして、ディスプレイが4インチということです。このサイズは5sと同じサイズで、昨年発売した6sより小さくなっています。
デザインはiPhone5sとほぼ同じで、カラーバリエーションがスペースグレイ、ゴールド、シルバーと、6sより追加され話題になったローズゴールドとなります。

もし、5sからの機種変更を考えている方は、デザインがほぼ同じなのであまり機種交換をした感じがしないかもしれませんが、カラーをローズゴールドにすれば気分も変わりますね。

機能について
使用されるチップはA9チップです。これは6sと同じ現行では最新のものになります。
4Kビデオ撮影や外向きカメラ(iSight)の解像度も1,200万画素で、6sと同じとなります。
6sとの違いで大きい点は、3D Touch機能の非搭載と指紋認証が第一世代になることです。

5sからの機種交換であれば、SEの機能に対してあまり違和感がないのかもしれませんが、6sからの機種交換となると少し不便に感じてしまうかもしれませんね。
また、内向きカメラ(FaceTime)は、6sで500万画素・SEで120万画素と差がありますが、カメラや動画の性能は6sと同じスペックが多いので、容量は16GBと64GBありますが、大きいサイズを選んだ方が無難かもしれませんね。

ちなみに、SEの意味は「Special Edition」だそうです。
片手で使用出来るコンパクトなサイズが好きな方は、SEの発売が待ち遠しいですね。

 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60