秋の行楽シーズンで、お出かけされる機会もたくさんあると思います。
お出かけされた思い出をスマートフォンで撮影される機会も、たくさんあるのではないでしょうか。

 

本日は、iPhoneに標準装備されているカメラアプリの機能をご紹介いたします。

構図の目安となるグリッドを利用する

グリッドの表示すると、構図を考える時に便利です。
表示方法は、「設定」→「写真とカメラ」→「グリッド」をオンにすると、撮影時に画面上にグリッド線が表示されるようになります。
撮影時は、縦横それぞれ線によって三分割されますので、線の交差点に被写体を配置したり、画面の三分の一を意識して配置を考えることでバランスの良い構図で撮影できます。
また、グリッドを利用すると水平や垂直を意識できるので、傾いた写真になるのを防ぐことが出来ます。

 

明るさの調整をする

撮影画面の中で暗い部分をタップすると、明るさを調整することが出来ます。
背景や周りが明るくて人物、顔などの被写体が暗い場合、明るくしたい部分(一番暗い部分)をタップすると、タップした暗い部分を基準に調整してくれ、暗い部分を明るく撮影することが出来ます。
逆光や暗い室内でも、この機能を利用すると、そのまま撮影するより格段に明るい状態で撮影することが可能です。

 

フィルターを活用する

ライブフィルター機能を利用すると、フィルターでの撮影を楽しめます。
画面右下の丸が3つ重なったようなマークをタップします。そして立ち上がった画面がライブフィルター機能となります。
表示されたフィルターを選択するだけで、いつもの写真とは違った雰囲気の写真になります。
わざわざ写真を加工するのではなく、撮影しながら手軽に加工を楽しむことが出来るので便利です。

 

すぐにカメラを起動する

ロック画面から、カメラを起動することが出来ます。
ロック中の画面の左下側、カメラアイコンを下から上にスライドすると、カメラが起動し撮影することが出来ます。
この方法で、iphoneカメラを起動すると、突然のシャッターチャンスも逃さず撮影することが出来ます。

 
 

iPhoneに標準で装備されているカメラアプリを利用する時に、これらのちょっとした機能を知っていると、より便利に撮影を楽しむことが出来ますね。

 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60