d280210f309cd1ed5bef79ec62107fc5_m
Googleマップを利用していると、キャッシュデータやオフラインマップのデータなどが増えてしまいます。
そのままにしていくとGoogleマップのアプリを重たくするだけでなく、iPhone自体の容量も大きくなってしまいます。

本日は、Googleマップのキャッシュを削除する方法のご紹介です。

オフラインマップのデータ・キャッシュデータを消去
・Googleマップを起動する。
・画面左上部のメニューアイコンをタップし、設定をタップし選択します。
・サポートの項目の中の、「概要、利用規約、プライバシー」をタップして選択します。
・「アプリのデータを消去」をタップします。
・「オフラインマップやキャッシュデータなど、端末にあるアプリのデータを消去、Cookie をリセットしてもよろしいですか?」のメッセージが表示されるので、「OK」をタップします。
 
 
旅行など出かけた時に活用したり、営業活動で毎回活用しているようであれば、気が付かないうちにキャッシュがたまっている可能背があります。
特に業務で使用していると、毎日のことなのでキャッシュデータは増え続けてしまいます。

iPhoneでGoogleマップの実際の使用状況は、「設定」アプリをタップして起動→「ストレージとiCloudの使用状況」をタップして選択→「ストレージを管理」をタップ選択することでGoogleマップなど各アプリの使用状況を確認することができます。

iPhone自体の容量が少なくなってきていると感じたり、アプリの動作が鈍くなっていると感じるのであれば、一度キャッシュデータの削除をしてみると良いかもしれません。

App sotreのiPhone用アプリ

 
 
 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60