b97ca069e89d29cfb62979e790dd4b33_m

iPhoneでメールやネットを利用するときに、便利なショートカット機能や設定など、わざわざ調べるのは面倒ですが、知っておくと便利な機能があります。
例えば、「数字を入力だけで、日時に変換出来る」など、もしかすると知らず知らずのうちに利用されているかもしれませんが、知ったうえで利用するとさらに便利に使うことが出来ます。

本日は、iPhoneで入力する時に、知っているとちょっと便利な機能をご紹介いたします。

「音声入力」を非表示設定に

・「設定」をタップします。
・「一般」をタップし、「キーボード」を選択します。
・「音声入力」をオフにします。

これで、「音声入力」機能のボタンが、キーボードから非表示になります。
普段、「音声入力」を使わないのであれば、是非、オフにしておくと良いと思います。
地球儀のマークが、少し大きくなりキーボードの切り替えもしやすくなり、キーボードが使いやすくなります。

 
 

簡単入力、変換方法(iOS 8)
■郵便番号から住所変換が可能
・郵便番号を、7桁ハイフンなしで入力し、変換します。ex.『5420081』
・該当住所が予測変換に表示されます。ex.『〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場』
・住所だけでなく、大口事業所番号のデータも入っているので、同じように入力すると変換候補に表示されます。

■年月日、日付の簡単変換
・平仮名で、『きょう』と入力します。
・『2015/08/04』や『8月4日(火)』や『2015年8月4日』などなど、様々な表記で年月日が予測変換に表示されます。
・この他に『ことし』や『きょねん』、『あした』などなど、同じように変換することができます。

■時刻、日付の簡単変換
・『12』や『123』、『0123』など2桁~4桁の数字を入力しますex.『123』
・時刻や日付で表示されたものが予測変換に表示されます。ex.『12月3日』『12/3』『12時03分』『12:03』『1月23日』など
・日付は2桁~4桁で、時刻は3桁~4桁で変換可能となります。

■「」かぎかっこの簡単表示
・キーボードの「や」を左フリック・右フリックするだけで、かぎかっこが入力できます。
※左フリック→「、右フリック→」

 
 

URLのショートカット

ドメインを簡単に表示

・「地球儀のマーク」を長押しします。
・「English」をタップし、ローマ字のキーボードを表示しまう。
・アドレス等入力後、ドメインを入力する時に、「.」を長押しします。
・数種類のドメインが選択肢として、表示されます。

本当にちょっとしたことですが、覚えておくとスマートフォンでの入力・変換がとても便利で簡単になります。
是非、お試しください。

 
 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60