5f3cd4e57e1e3347a41f563b566c12c6_s

スマートフォンのカメラ機能を利用して写真を撮ることの方が、カメラで写真を撮影する事よりも多くありませんか?
手軽に写真が取れるのでたくさん撮影してしまい、スマホの写真フォルダを整理しないといけなくなりますよね。そんな時に、ついうっかり間違って残しておきたい画像を削除してしまった場合、 iOS8以降であれば簡単に復元することが出来ます。

本日は削除してしまった画像を元に戻す方法をご紹介いたします。
 

画像・動画を復元する方法

・「写真」アプリを起動します。
・アルバムのフォルダ一覧の「最近削除した項目」のフォルダをタップして選択します。
・画面右上部にある「選択」をタップします。
・復活させたい画像をタップし選択すると、画面下側に「削除」「復元」が表示されますので「復元」を選択すると復活させることが出来ます。

削除してしまったデータをまとめて復活させることも出来るので、操作ミスでまとめて削除してしまっても「最近削除した項目」フォルダから簡単に復活させることが可能なので便利です。
データの保管期間は、写真を削除して30日なので、それ以内であれば大丈夫です。
 

写真アプリの他にも、メールアプリも同じようにゴミ箱機能を利用することが出来ます。
この方法以外にも、バックアップから復元したり、パソコンの復元ソフトを利用すると元に戻すことが出来るかもしれませんが、手間がかかりますよね。
画像の復元だけであれば、本日ご紹介したような簡単な方法を知っておけば便利です。

 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60