smartphone_juuden1
充電をしようとしても、iPhoneが反応しないとどこか故障しているのかと慌ててしまいます。
充電出来ない原因は、本体の故障とは限りません。
本日は、充電ができない場合に考えられる原因や対処法をご紹介いたします。

充電ケーブルの不具合
充電ケーブルに原因がある場合があります。
充電ケーブルがしっかりと差し込めていない場合、断線している場合、接触不良を起こしている場合などが原因で充電ができないのかもしれません。
ケーブルがしっかりと差し込まれているか、ケーブルに破損個所がないかなど確認してみると充電ができない原因が判明する場合があります。

また、ケーブルの接触不良は、ケーブルの断線以外にも、差込口に汚れやごみが付着していたりする場合があります。
そういった点をチェックしてみると、充電ができるようになる場合もあります。
 
 

完全放電されている
充電が切れてから時間がたちすぎていて、完全に放電されてしまった状態の場合、充電を始めてもiPhoneに反応がない場合があります。
完全に放電されていたり、バッテリーの残量が極端に少なかったりする場合は、充電を始めてからしばらく起動しない場合があります。
この場合は、焦らずに起動するまで充電を続けておけば自然と充電され起動します。
起動するまでの実際の時間は機種や放電していた時間など違いますが、充電を開始してから2時間以上たっても反応がない場合は、違う原因で充電ができないと考えた方が良いかもしれません。
 
 

コンセント、アダプタ、USBポートなどの不具合
ケーブルを差し込んでいるコンセントやアダプタ、パソコンの場合はUSBポート自体が故障している場合もあります。
これらの原因を確かめるときは、差し込む先を変更すると確認できます。
コンセントの差し込み口を変えてみたり、ACアダプタではなくUSBを利用してパソコンから充電してみたり、USBポートの差し込む箇所を変更してみると不具合のあるものが何か確認することができます。
 
 
 

再起動する
何か不具合があった場合には、まず一度再起動をしてみると解消されることが多くあります。
充電ができない場合にも、再起動をしてみると問題が解消される場合があるので、故障を疑う前に再起動をしてみると良いでしょう。

 
 
 
バッテリー自体以外にも、アダプタ、USBケーブルなども消耗品となるので、長く使っていると修理や買い替える必要が出てきてしまいます。
本体自体が故障してしまうこともあると思いますが、修理に出す前に、まずは考えられる原因を探ってみてはいかがでしょう。

 
 
 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60