20150825

LINEの最新版(バージョン5.3.0)に、トークルームの内容(テキストや画像など)を、保存したり再投稿をすることが出来る、便利な機能が新しく追加されました。

本日は、LINEの新機能『Keep』についてご紹介いたします。

『Keep』は、LINEでやり取りした内容やデータを、最高1GBまで無期限で、アプリ内でデータ保存することができます。
ただし、1ファイルが50MBを超える場合は、保存期間が30日間となりますので、容量が大きいものを保存されるときは注意しておいた方がよさそうです。

 

『Keep』で保存できるデータ

■テキスト・URL
■画像
■動画
■音声メッセージ
■Word、、Excelなどのファイル

 

使い方
・トークルームの保存したいテキストが画像などを長押しします。
・「Keep」をタップし選択します。
・保存したいテキストやファイル、画像などにチェックを入れ選択します。(チェックボックスが表示されるので複数保存が可能です。)
・「保存」をタップすると完了です。

 

保存したテキスト等を表示する方法
・プロフィール画面で自分の名前をタップし選択します。
・「Keep」をタップします。
・Keepで保存したデータの一覧から、表示したいものをタップし選択すると表示されます。
・削除したい時は、右から左にスワイプすると、画面の右側に表示される「削除」をタップし選択すると削除されます。

 

保存したテキスト等をLINEの友だちとシェアする方法
・シェアしたい友だちとのトークルームを画面を開きます。
・「+」をタップし、「Keep」を選択します。
・送信したいテキスト等にチェックを入れ、「決定」をタップし選択すると送信されます。

 

 

約束の予定やお店URLなど、LINEでやり取りを繰り返していると、確認したい時にはずいぶん前にさかのぼらないと、確認できなくて不便なことがありました。ですが、このKeepの機能を使えば、保存ができ、一覧表示から簡単に、目当てのテキストやURLなどを再表示出来るので、とても便利です。
また、これまでの「ノート」や「アルバム」の機能と違って、保存してもトークルームに再表示されることがないので、自分が保存したことが相手に伝わることなく、自分アプリ内に、一覧保存が出来ます。

再表示をしたいデータがあるときは、便利な新機能の「Keep」をご利用してはいかがでしょう。

Google playのAndroid用アプリ
App sotreのiPhone用アプリ

 
 
 

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60