現在、ビジネスにITの力を利用することは欠かせなくなりました。

 

特に広がってきているのが、社内データのクラウド化です。

 

クラウド化とは、データをネット上に保存し、そのデータを必要に応じてネット上でいつでも利用できるようにすることです。

 

パソコンはもちろんのこと、スマートフォンからもデータを閲覧できるようになります。

 

これによって、これまで社内でしかできなかった仕事が外出先でもできるようになり、自社で巨大なサーバを保有する必要がなくなるなど、データ運用の幅が広がっています。

 

便利になった反面、注意すべき点もあります。

 

特にセキュリティについての課題があります。

 

ネットワーク上にあるということは、IDやパスワードさえわかってしまえば、誰でもデータを閲覧できてしまいます。

 

情報漏えいする恐れがあります。

 

便利だからと全てのデータをクラウド化するのではなく、業務改善などで必要なデータのみクラウドで保存するなど、使い分けが必要だと言えるでしょう。

 

※【スマホで業務を改善します】

↓↓↓スマホコンサル『スマビジ』↓↓↓

sumabiz_ban