twins_dogs
災害が起きてしまった時、家族や友人連絡を取る手段は色々とありますが、どうしてもつながりにくくなってしまいます。
先日の大阪北部の地震では、LINEでの連絡はつながりやすかったとの話題もありました。
連絡手段として定着しているLINEですが、トークやタイムラインなどにたくさんの便利な機能がありますが使っていないものや、機能が似ていて使い分けが出来ていないものなどはありませんか?

本日は、LINEの「ノート」と「keep」についてご紹介いたします。

「ノート」とは?「keep」とは?
■ノート
友だちやグループのトークルームに投稿した内容で重要なテキスト、写真、動画、スタンプ、リンク、位置情報、音楽まで何でも、トークルームの中で流されないように残しておけるのが「ノート」機能となります。
共有したい情報を書き留めておくための機能で、ノートに投稿したものは、保存期間もなくいつでもトークルームのノートから開くことができます。
また、投稿されたノートには、「いいね」や「コメント」をつけることもできます。
ノートに投稿した内容はタイムラインにも自動的に流れてしまうのですが、グループ内のみの表示となっているため、全員に見られることはありません。

■Keep
トークルームでのテキストや写真、動画、音声メッセージ、WordやExcelなどのデータファイルを合計1GBまで無期限でLINE上に保存するストレージ機能です。
50MBを超えるデータを保存する場合は、保存期間が30日間と制限されるため、容量の大きなデータを保存する場合は注意が必要となります。
LINEで受信したデータ以外にも、スマホの中のデータもKeepに保存することはできます。
また、保存したデータは「友だち」にも共有ですることができます。

「ノート」と「keep」の違いとは?
ノートは、投稿すると自動的にタイムラインにも流れてしまい、友だちやグループで残しておきたい情報を共有するときに便利な機能です。
Keepは、自分から友だちやグループに共有しない限り、誰かに内容は見られません。

「ノート」は残したいデータ情報を共有したい時、「KEEP」は個人で自分だけが保存したい時に。
このように使い分けてみてはいかがでしょう。

 
 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60