mail01
iPhoneに標準搭載されているカメラを利用していても一度も使ったことのない機能があるのではないでしょうか。
【iPhone】の標準搭載『カメラ』の静止画撮影モードには、「写真」「スクエア」「パノラマ」「ポートレート」と4種類があります。
※「ポートレート」はiPhone X / 8 Plus / 7 Plusのみ

本日は、【iPhone】の標準搭載『カメラ』の静止画撮影モードについてご紹介いたします。

写真
通常カメラアプリをタップして起動すると、このカメラモードで立ち上がります。
普段このモードで一番撮影しているのではないでしょうか。
iPhone 6s/6s Plus以降では、「Live Photos(ライブフォト)」で撮影できる唯一のモードです。
オートフォーカス、自動的にピントを合わせ、露出も自動調節なのでシャッターをきるだけで、きれいに長方形の写真が簡単に撮影出来るだけなく、自動ではうまく撮影できない時は、「AE/AF ロック」を使うことで、ピントや露出など、手動で調整することもできます。

スクエア
スクエアモードでは、カメラ画面の枠が正方形に制限されます。
SNSに適した写真サイズの写真を撮影する時に、「写真」モードで撮影した後から1:1のサイズにトリミングすることも可能ですが、このモードで撮影すると正方形の写真撮影ができます。

パノラマ
画面に入り切らない広い範囲の撮影が可能なモードです。
水平/垂直方向に240度位のパノラマ写真を撮影することができます。

 

ポートレート
iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xのみで利用ができるモードです。
デュアルレンズで被写界深度エフェクトを適用して、背景をきれいにぼかして被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。

 
 

通常、カメラアプリを起動すると写真モードで立ち上がりますが、最後に利用したモードを保持して起動させることも設定できます。
「設定」→「写真とカメラ」→「カメラ」項目の「設定を保持」をオンにすると、前回利用したカメラモードとフォトフィルターの設定を保持して起動することができます。
毎回決まった設定でカメラを起動させたい場合は、設定を保持しておくと便利です。

「写真」モードだけでも、十分便利に撮影することができますが、スクエアやパノラマなど普段よく使うわけではないけれどiPhoneのカメラに標準搭載されているものなので、知っておくともっと便利に活用することができるのではないでしょうか。

 
 
 
 

 





メルマガ配信登録
新サービス等の最新情報や、格安SIMサービス『Gleaner Mobile』の活用事例、スマホやタブレットの活用事例等をを配信させて頂きます。
Email *

法人名

氏名

* 必須項目


■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60