9a0449f69dcca8131d0004da5602f54a_s
スマートフォンで地図アプリを利用すると、重たいので画面表示に時間がかかってしまいます。
ナビやルート検索をせず地図を表示したいだけの時は、遅いとストレスを感じてしまう時もありますよね。

本日は、サクサク見れる、容量が軽い地図アプリ【Android】をご紹介いたします。

軽量マップ

特徴
■地図アプリなのに容量サイズが小さい
インストール後のアプリの容量はたったの360KBです。
■地図を切り替え表示可能
標準地図、行政界地図、路線図、地形図、水域図、夜間モードを搭載。目的別に表示する地図を選ぶことができます。
行政界地図に切り替えれば縮尺に応じて都道府県・市区町村・町域を塗り分けて表示できます。
■地図画面メモでいつでも閲覧
表示している画面を画像としてスマートフォン本体に保存し、地図やレイヤーを画像として保存すれば、メールで送るのも、SNSで共有するのも簡単に出来ます。
■地図キャッシュ機能で高速閲覧(ベータ機能)
読み込んだ地図のタイルをSDカードのデータベースに保存しておくキャッシュ機能。
この機能を使えば、一度見た地図はネットワークから画像を取得しに行かず、更に高速に表示されます。
■アプリ連係で便利
ルート検索、ナビ、ストリートビュー、地下街の表示といった機能は搭載していませんが、このアプリで表示している地点を、他の地図アプリで開ける連係機能を搭載しています。
普段は軽量な軽量マップを利用し、ストリートビューを見たいときは連係機能でマップアプリを開けば良いのです。
■降雨情報の表示で便利
全国(国土交通省 防災情報提供センター)または首都圏(東京アメッシュ)によるライブ降雨状況を地図にオーバーレイして表示できます。時間帯ごとの雨量画像を高速に切り替えることができます。
■地震情報の表示で便利
最新10件の地震情報を地図にオーバーレイ表示できます。
地震の元データは緊急地震速報がベースのため、地震発生後数秒で震源地、地震の規模や震度を確認できます。

表示される地図自体は、Yahoo!の地図SDKを利用しているので、これだけ軽いアプリでも、見やすい地図が表示されます。
また、機能もたくさんあり、標準地図・行政界地図・路線図・地形図・水域図・夜間モードなど複数の地図を搭載しているので、「行政界地図」や「路線図」など実用的な地図の表示もできて便利です。

そして、ルート検索やナビ、ストリートビュー、地下街の表示等の機能は搭載されていなくても、機能を利用したい時は他の地図アプリと連携出来るので、他の地図アプリとの使い分けも簡単です。

容量が軽いので、古めのスマートフォンでも表示が早く使いやすいアプリです。
外出先ですぐに地図を表示したい時など、軽くてサクサク動くこの地図アプリを試してみてはいかがでしょう。

Google playのAndroid用アプリ

 
 
 
 

 

■通話し放題プラン【カケホーダイSIM】はこちら
k_sim_linkbanner

■経費削減!法人専用MVNOサービス【Gleaner Mobile】はこちら
gm_linkbanner

■法人向け光コラボレーションサービス【Gleaner光】はこちら
スマトピリンクバナー

■もっとスマートデバイスを有効活用したい!スマホコンサルティングサービス【スマビジ】はこちら
sumabiz_ban3-300x60